ビジネスに役立つパソコンツール紹介サイト

バックアップだけじゃない!オンラインストレージの便利機能

様々なデータ共有に便利なアプリ

PCのハードディスクにある保存容量には限りがあるため、ファイルやデータが増えていくほどPCの動作も重くなり、その分作業効率が落ちてしまいます。
そこで活躍するのがオンライン(クラウド)ストレージサービスです。
中でもおススメのアプリは「DropBox」で、現在多くの企業でも導入されているサービスになります。
このDropBoxの便利な点はデータのバックアップだけでなく、情報の共有がしやすいところにあります。
1つのフォルダを複数人で共有することができ、誰かが編集作業を行うと、共有している人のデータもリアルタイムで自動的に更新されます。
そのため、同じドキュメントやデータをシェアしながら離れた人々とも共同作業で編集することができます。
また、メールでは送信できない大容量データもURL化することでスムーズに情報が共有できる機能なども備わっています。

かさばる名刺はデータでスマート管理

マイクロソフトが提供する「Office Lens」は撮影した写真がスキャンされ、画像の文字がテキスト化されて保存できるアプリです。
このアプリではパソコンやスマートフォンから写真を撮影し、データを取り込むだけで名刺や付箋に書き込んだ情報がデータとして保存できるので、従来の名刺管理であったファイリングで名刺がかさばったり、必要な名刺を探しだすのに手間が掛かったり、エクセルへの情報入力に時間がかかるというデメリットを解消することができます。
さらに、Windowsを利用している利用していれば、取り込んだ名刺情報はWordやPowerPointの各形式に自動変換されて保存できるため、目的によって名刺の保存場所を選ぶことができます。


この記事をシェアする